国営 海の中道海浜公園

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大
海の中道海浜公園動物情報

カメたち

ムツアシガメ

ムツアシガメ写真【分布生息域】ベトナム、マレーシア、インドネシア、ミャンマーなど
【体の大きさ】最大70センチメートル
【特徴】後ろ足の付け根に2本の蹴爪がある
【飼育員からのメッセージ】
後ろ足の付け根にある2本の蹴爪が足に見え、足が6本あるように見えることからムツアシガメといわれています。
動物の森には、ビルマムツアシガメとスマトラムツアシガメの2匹がいます。体の大きな方がビルマムツアシガメで小さな方がスマトラムツアシガメです。見かけたときは大きさを見比べてください。

ヒョウモンリクガメ

ヒョウモンリクガメ写真【分布生息域】エチオピア、スーダン南部以南のアフリカ大陸
【体の大きさ】最大72センチメートル
【特徴】甲羅の模様がヒョウ柄をしている
【飼育員からのメッセージ】
ヒョウ柄の綺麗な甲羅をしています。体は小さいですが動きは俊敏です。

ケヅメリクガメ

ケヅメリクガメ写真【分布生息域】アフリカ大陸のセネガルからエチオピアにかけて
【体の大きさ】最大83センチメートル
【特徴】甲羅と足の爪がシャベル状にそりあがっている。
【飼育員からのメッセージ】
動物の森のリクガメたちの中で、1番動きたがりのカメです。いっぱい食べて夏冬関係なく動きまわっています。

トウブハコガメ、ミツユビハコガメ

トウブハコガメ写真、ミツユビハコガメ写真【分布生息域】アメリカ
【体の大きさ】約12〜22センチメートル
【特徴】腹甲は蝶番により可動する。オスは目が赤い。
【飼育員からのメッセージ】
体の斑紋は派手なものから地味なものまで実に様々です。動物の森のハコガメたちを見て、斑紋の違いを見比べてみてください。
■展示はしておりません。ご了承ください。